パーセンテージが表示された店舗のマネキン
INPUT by Alteryx ブログ

信頼性の高い A/B テストを大規模に実施する方法

A/B テストを効果的かつスピーディーに行うためには?

パーセンテージが表示された店舗のマネキン
A/B テストは、理論的には単純なものであり、製品やサービスの 2 つ以上のバージョンを比較し、効果の高い方はどちらかを判定するために利用されています。
小売業や CPG などの消費者をターゲットとした業界では、マーケティングプロモーションをテストすることによって、どれが最も効果的かを判断し、プロモーションの成功率を高めたり、より良い成果を上げたりすることができるようになります。
しかし、複数の店舗や国をまたぎ、何千、何百万というデータポイントを用いて A/B テストを行う場合、多くの問題が生まれがちです。


A/B テストの規模を拡大することで生じる問題

A/B テストを大規模に実施しようとすると、ほとんどの企業が同じような課題に直面します。

  • 複数のデータソース

  • 手動による反復的なプロセス

  • レポート作成の外部委託によるタイムロス

  • 社員のスキル不足

こうした課題は、遅れやミスの原因となるものの、

成長や成果をもたらすチャンスでもあります。

これらの潜在的な障害を克服できれば、A/B テストでマーケティングプロモーションを評価するために必要なすべてが揃うことになります。

  • 複数のデータソース(大量のデータに対処する)

  • 手動による反復的なプロセス(簡単に規模を拡大できる方法を模索する)

  • レポート作成の外部委託によるタイムロス(分析を内製化する)

  • 社員のスキル不足(従業員をトレーニングし、キャリアアップへとつなげる機会を提供する)

つまり、物事を悪化させたり、時間をかけたりするのではなく、これらの問題を解決する方法を見つければいいのです。

A/B テストの規模を効率的かつ効果的に拡大する方法

1. プロセスの自動化

テストグループの管理、結果の計算、変更の実装など、A/B テストに関連する作業の多くはソフトウェアで自動化できます。
分析自動化プラットフォームを使えば、データの準備、分析、結果の出力など、A/B テストのプロセスの全ステップを自動化できます。こうしたアプローチは、多変量テストにも非常に有効です。
分析自動化プラットフォームと RPA などのソリューションを連携させると、レポートのデータ取得のタイミングを自動的にスケジュールして実行できるようになるだけでなく、一定の条件を満たした場合にアクションや決定を自動的に実行することも可能になります。 
すべての工程を自動化できるため、データソースの追加、他の製品や店舗用のレポートの再作成、必要に応じての拡張を容易に行えるようになります。

2. 社内での活用とトレーニング

社内で A/B テストを実施するのに最適な人材は、データに関する知識を持っている人です。しかし、そうした人材が必ずしもデータの分析方法に精通しているとは限りません。
ドラッグ & ドロップで利用できる自動化プラットフォームを導入すれば、誰もが簡単に分析を活用し、協力しあえるようになるだけでなく、
外部の業者やソースへの依存を減らし、時間とコストを節約できるようになります。さらには、チーム全体で分析スキルを高めることが可能となります。

3. 段階的に変更を取り入れる

社内でトレーニングを実施して自動化を行う場合、1 つのテストから始め、それがうまくいくことを確認してから、徐々に規模を拡大するとスムーズに進むようになるたけでなく、
混乱を回避できるようになります。すべてを一挙に刷新するのではなく、新しいプロセスやテクノロジーを段階的に実装し、それぞれをテストして検証した後に、導入規模を拡大していくことをおすすめします。

信頼性が高い A/B テストを大規模に実施するトップ企業の例

言うまでもなく、言うは易し、行うは難しです。本当に重要なのは、取り組みの結果を出すことです。
幸い、多くの企業が上記のようなアプローチを取っています。この記事で紹介している動画からもお分かりいただけるように、7-Eleven 社も同様のアプローチを採用しています。
同社は、なんとレポート作成時間を 100 時間から 1 時間に短縮し、作業効率を 60% 向上させました。
また、アプローチの自動化によって、よりクリーンなデータを手に入れられるようになっただけでなく、プロセスを検証しながら進めることが可能となり、 マーケティングプロモーションの A/B テストの結果に対する信頼性が確保されるようになりました。
さらには、17 か国、70,000 を超える拠点に対し、数百万のデータポイントを使用して同様のテストを実施できるようになりました。

まとめ

A/B テストは、マーケティングプロモーションの比較に最適な手法ですが、正確な結果を得るためには妨げとなる問題を解決する必要があります。
より良い結果を得るためには、適切なテスト手法の開発、情報の収集、分析ツールの使用が不可欠です。
Alteryx では、分析によってビジネス価値を向上できる領域を特定するために役立つ、分析を用いたビジネスユースケースの探索ガイドを作成しました。小さなことから始めて、すぐにROIを向上させることができる業務を特定するために、ぜひご活用ください。


著者:
Shane Remer
Shane Remer
コンテンツマーケティングマネージャー
オレンジ色の模様
ブログ
5 分で読む

分析の成熟度の 5 段階

分析の成熟度の 5 つのステージと、自社の現状を把握する方法をご紹介します。

ビジネスリーダー
アナリティクスリーダー
Alteryx Platform
今すぐ読む
Money bills
ブログ
5 分で読む

SoFi Bank 社が収支予測を合理化

収支予測の効率化にお悩みではありませんか?SoFi Bank 社の成功事例をご覧ください。

財務
アナリティクスリーダー
ビジネスリーダー
今すぐ読む
税務書類
ブログ
5 分で読む

税務 + 表計算ソフト = 高リスク?

税務部門を戦略的なビジネス資産へと変える方法をご紹介します。

財務
アナリティクスリーダー
ビジネスリーダー
今すぐ読む

INPUT の新着ブログをメールで受け取りませんか?

スピーカー