Harvard Business Review Analytic Servicesの新しい調査では、組織がどのように分析を使用している(または使用していない)かが示されています。主な調査結果:55%の組織が、データ分析は今日非常に重要であると考えており、92%は2年後にさらに重要になると考えています。しかし、組織の30%以上が、使用する分析ツールに満足しています。

この問題は、データリテラシー、ITボトルネック、従来のツールのという3つの主要な問題に要約されます。 

ハーバードビジネスレビューアナリティクスサービスの最新レポート「組織全体での分析のスケーリング」をご覧ください。

  • 自動化された使いやすいスケーラブルなソリューションでこれらの障害を克服する方法
  • 目標を達成し、競合他社を凌駕する分析文化の構築に向けた最初のステップを明確にする
  • 民主化された洞察と迅速な意思決定を達成するために組織を配置する方法

組織が必要とする洞察を解き放ちます。レポートをダウンロード。

「組織の過半数(63%-)は、意思決定に必要なデータ分析をITおよび分析グループに依存しています。ただし、応答速度から仕事の質まで、いずれかのグループの責任のあらゆる側面について満足度を報告するものはありません」  

—「組織全体のスケーリング分析」、Harvard Business Review Analytic Services

洞察を拡大

Loading Form

プライバシーポリシー