2023 年クラウド分析の現状

クラウドテクノロジーの普及により、データがかつてないほど利用しやすくなり、拡張性も向上しています。そして、多くの企業のリーダーが、クラウド分析がデータを価値あるビジネス成果に変える鍵になると考えています。

Alteryxでは、さまざまな業界のリーダーを対象に調査を実施し、企業がクラウド分析に投資を行う理由やその方法を把握し、そうした取り組みから得られた、あるいは期待される成果を定量化しました。

その結果をまとめたレポート『2023年 クラウド分析の現状』をぜひ以下のプレビューからご覧いただくか、レポートの完全版をダウンロードしてご確認ください。

  • 企業がクラウドベースの分析への移行に力を入れている理由
  • 収益性、レジリエンス、効率性の向上など、クラウド分析がもたらす主なメリット
  • クラウド分析戦略を成功させるための4つの重要なステップと、ステークホルダーの支持を得る方法
 

主な調査結果

81%

クラウド分析が経済の不確実性にプラスの影響を及ぼすと予想。

89%

クラウド分析の導入により、収益性が向上したと回答。

98%

より多くのユーザーがデータ分析ソリューションを利用できるようにすることでメリットを得られると回答。

 

クラウド分析がもたらすメリット

拡張性や生産性の向上など、クラウド分析を通じて得られるさまざまなメリットは、不確実な未来を切り開き、立ち向かうための優位性をもたらします。

 

81%の回答者がクラウド分析が経済の不確実性にプラスの影響を及ぼすと予想

 

ビジネスの変化によりクラウド化が加速

DXのニーズが高まり、その取り組みが加速する中、クラウドベースのデータ分析に注目が集まっており、多くの企業がコストを削減し、コンプライアンスの要件を満たすためにクラウド分析を取り入れ始めています。

多数の調査回答者が、2025年までに社内のデータ分析の70%がクラウドベースに置き換えらえると考えています。

 

誰もが分析を活用できる環境を実現

回答者は一般的なエンドユーザーとしてデータサイエンティスト(59%)、ビジネスアナリスト(57%)、テクニカルリーダーとデータリーダー(58%)を挙げています。一方で、回答者の98%が、それ以外の社員も分析ソリューションを利用できるようになれば、さらなる利益がもたらされるようになると考えています。

ALTERYX ANALYTICS CLOUD PLATFORM

未来に備える

Alteryx Analytics Cloudでは、ローコード、ノーコードのツールを使用して、データ準備から機械学習モデルの構築まで、組織の誰もが自分のスキルレベルに応じて分析を実行することができます。


詳細を見る