ユースケース

研究開発費の計算

 

研究開発に関する取引は、税額控除の対象となります。 しかし、すべての取引データを手作業で収集、確認、調整しなければならない場合、多くの労力と時間を費やす必要があります。

効率性の向上

複数のソースから大量のデータを分析、整理、操作

トップラインの成長

研究開発費に適用可能な税法を把握

ボトムラインの収益性の向上

スプレッドシートから自動分析への移行により、取引データの収集に費やす時間を減らし、データ分析により多くの時間を割くことが可能に

ビジネス上の課題

控除額を正確に算出するためには、従業員の階層、賃金、税率、研究開発に割り当てられた時間や資材など、研究開発活動に関するあらゆるデータを収集する必要があります。 社内システムから手作業で該当データを特定し、収集するには多くの手間を要します。特に機密データの処理においては、多大な時間を費やさなければなりません。 中には、エンドユーザー開発型アプリケーション(EUDA)を活用して計算を行う税理士もいますが、そのようなケースにおいても調整や費用配分は手作業で行われています。

Alteryxのソリューション

アナリティクスで研究開発費の計算を自動化し、全取引の迅速な確認と、税控除額の最大化を実現します。 人事データ、経費、税率、国別のデータなど、あらゆるソースを簡単に分析し、従業員や部門の階層に従って調整を行い、複雑な計算を実行することが可能となります。

研究開発費の税計算の自動化により、以下のような多様なメリットを得られるようになります。

  • 効率性の向上、時間の節約、ROI の改善
  • 適格研究費(QRE)の定義や把握方法における一貫性の向上
  • 節約した資金をより価値の高いプロジェクトに再投資
  • 研究開発費の税計算プロセスの可視化と正確性の向上
 

財務部門向けスターターキットデモ動画

 

関連リソース

 
 
財務部門向けスターターキット
詳細を見る
 

おすすめのリソース

 
電子書籍
高等教育機関のデータイノベーター
See how these seven institutions are addressing key challenges in higher education with smarter insights.
  • 分析の自動化
  • 財務
  • 効率性の向上
今すぐ読む
 
電子書籍
手作業にまつわる諸課題を、データと分析を自動化して克服する方法
AlteryxとPwC社は、低速でコストのかかるエンドユーザーコンピューティング(EUC)に依存するプロセスのリスクプロファイルを特定・評価する自動化ソリューションと、AlteryxのAI活用型データ分析自動化プラットフォームと組み合わせることで、監査可能で、ガバナンスが効き、一貫性のあるプロセスを実現しました。両社の共同提案の結果、多くのお客様が大幅な運用コストの削減、回復力の向上、コントロールの強化を実現し、3カ月足らずで目に見える効果を実感しています。
  • 財務
  • 英語
今すぐ読む
 
ウェビナー
Self-service Analytics & Automation für Group Tax
Entdecken Sie das Potenzial von Self-Service-Analytics und Automation für die Group Tax. Erfahren Sie, wie Alteryx Ihnen ermöglicht, Steuerprozesse effizient zu optimieren.
  • アナリティクスリーダー
  • 専門職
  • 財務
今すぐ視聴