ソリューション

税務、監査 + 財務部

 

計算機。スプレッドシート。これからはAlteryx

データは税務、監査、財務機能の価値を高めます。次々と変わる法規と分析能力のある人材が、総勘定元帳の管理、コストセンターのコントロール、給与、買掛金勘定など多種多様な分野の重要な改革を牽引しています。

Alteryx は税務、監査、財務部門全体のユーザーをサポートし、社内向けおよび規制当局向けのレポート作成とともに、手作業でのデータ収集や事業と法人組織の照合にかける時間と労力の大幅な削減を可能にします。今後は、スプレッドシートによるデータ操作から、繰り返し使用して共同で作業できる分析やインサイトに焦点を移すことができ、さらに、高度な分析モデル作成と予測を組み入れることで役員、監査担当者、規制機関に対してこれまでより迅速に対応することが可能になります。

Alteryxの無料トライアルで分析の可能性を探る

ダウンロードする

ALTERYXのセルフサービスデータ分析で可能なこと:

  • 経営陣、監査担当者、規制機関へのレポーティングの品質を向上するために、財務計算プロセスの透明性を高め、臨時のリクエストあるいはシナリオのモデル構築に向けたセルフサービス機能を提供
  • より掘り下げた分析を実現するために、データ処理における手作業での照合、レビュー、操作の手順を削減し、さらに高いレベルの分析的予測やモデルのスコアリングを可能にする
  • リスクの影響度を抑制するために、関係者からの強まる監視やグローバルな規制順守に対応する抑制された分析パイプラインに裏付けられた、より戦略的な税務、監査、財務の分析を実行

 

税務

維持が困難なスプレッドシートソリューションを使用している方であれば、可視化され繰り返し使用可能なワークフローへプロセスを進化させる価値を即座に理解していただけることでしょう。ワークシートからワークフローへと移行して、税率計算、キャッシュタックス予測、税引当や税金申告、会計簿と課税の照合、また監査に備えたレポーティングといったことにまつわる効果的な税務分析を使用すれば、強固な戦略に向けたソリューションになります。

これからは、税務分析を Alteryx Platform に適応させて、税務分析を適用した意思決定と戦略的予測を実現することができます。実効税率を引き上げる要素、さらには法定税率と充当比率との差異を特定をするための相関分析にも対応します。さらに、効果的なキャッシュタックスの予測、最適な振替価格操作パターンを決定する最適化の使用、M&Aに向けての What-If 分析の実行なども可能です。

 

監査

不正の検出や調査、リスク評価、運用パフォーマンス、内部統制といった、コンプライアンス全体の監査プロセスを分析した全体像を得られる状況を思い描いてみてください。 従来の税務と監査の戦略では、監査プロセスのより深い理解を得た上で、コードフリーかつコードフレンドリーな機能を使って例外を特定したり起こり得る不正を分類したりすることは、まず不可能です。

セルフサービスの分析ワークベンチに適応することで、エンドツーエンドのプロセステストやコントロールの検証が容易になり、さらにスケジューリングやデータの収集・準備・分析の自動化を通して現在および今後の監査コストを削減できます。支出、行動規範、またパートナーとサプライヤーのネットワーク全体でのリスクの高いパターンを早い段階で特定できるようになるため、監査範囲の拡大およびリスクとコントロールの管理向上につながります。

Alteryx Platform を使用すると、セルフサービス分析アプリケーションを介して、分析的インサイトの伝達と提供が可能になります。さらに、技術系ではないビジネス上の意思決定者向けに設計されているため、監査機能を企業の関係者のニーズに近づけています。

 

財務

主要な財務管理システム全体の完全な可視性を得ることは、社内システムおよびパートナーやサプライヤーのシステムからの関連するあらゆる財務データにアクセスしてそれらをブレンドする能力なしでは困難です。

Alteryx Platform を使うと、複数の会計元帳からデータを集め、法定レポートや補助元帳の会計分析のために統一することができます。また、多様な未構築のデータソースを管理して、あいまい一致とパターン認識を使用して質の高い照合を行い、標準化したマスターデータレコードを作成できます。さらに、リスクを重視した資本資産評価、利率リスクのモデル作成、感度解析と流動性レポーティングを行います。また、コンプライアンスについては、R または Python の最先端のオープンソースライブラリで行うコードフリーかつコードフレンドリーな分析機能によって、はるかにシンプルになります。

Alteryx が財務チームのすべての機能を果たし、これまで想像もしていなかった方法でチームと共同できるだけでなく、データが瞬時に処理されていく様子を自分の目で確認しましょう。統合された財務分析のビジネス用語を使用して、分析の成果を共有し再利用。正味現在価値、年平均成長率、内部収益率などスタンダートな財務測定基準を使用して、スプレッドシートでは避けようのなかった制限や制約に縛られず、財務チームで共同することが可能です。

     

    分析戦略を適応

    アナリストが求めるのは、コーディング不要でしかも IT 部門に依存することなく、あらゆるソースからデータを準備、ブレンド、分析することです。

    データ自体の急激な増加は現実に起こっていることです。データはもはや単独の企業のソース(財務データ倉庫など)に存在するだけではありません。それよりも ERP システム、請求システム、商取引プラットフォームなど、複数のロケーションに保管されているでしょう。

    組織全体の税務、監査、財務の分析を次のレベルに進化させ、その基盤の上に成り立つ最高クラスの組織に名を連ねて、現在のデータ収集と照合のプロセスにおける実質的な無駄を減らしましょう。このような作業を自動化することで、自分自身や他の専門家が手作業による処理から解放され、戦略的な分析により多くの時間を費やすことができるようになります。

     

    Alteryxの無料トライアルで分析の可能性を探る

    ダウンロードする

     

    ユースケース

    5か月から5分へ

    Trinity Industries 社は何十万もの鉄道車両を固定資産税報告の視点で管理しています。同社のシステムは、各資産を効果的に管理できるように構成されていませんでした。そのため、企業幹部へのレポートだけでなく、IRS(内国歳入庁)へのレポートも、Excel を使用して作成せざるを得ない状況でした。  Alteryx は複数のワークフローを構築して、同社が社内の会計システムからレポーティングデータを取り入れ、資産番号のあいまい一致を実行して各関係者が必要とする適切な様式でデータを提示することができるようにしました。 

    活用事例を読む

     

    月末の費用見直し

    Trinity Industries 社のチームは、経理責任者の月末費用見直しプロセスの一環として、レポーティングシステムから同社の 6 組織の GL ラインアイテムクエリを実行し、マスターデータ情報へのマップおよび出費カテゴリーごとのデータ分類を行い、資材項目の正確性を財務的に見直すためにピボットテーブルを作成していました。これは非常に時間のかかるプロセスでした。そこで、Alteryx 製品活用のユースケースを発展させ、プロセスを自動化してこのようなエンドユーザーの労力を解消しました。

    活用事例を読む