ソリューション

消費財(CPG)

消費者と消費に関するインサイトを深める

消費財(CPG)部門のリーダーは、顧客と製品および地理情報について深いインサイトを必要としています。製造業者とその小売を担当するパートナーは、共同で最良の顧客を探してその情報を集め、最適なチャネルで製品を提供しなければなりません。季節性、チャネルコンフリクト、変化する人口統計、そのどれもが、従来のソリューションよりも迅速な、掘り下げたアナリティクスを必要としています。

CPG組織のアナリストは、販売時点情報管理(POS)、小売フロアスペース管理(RFSM)、人口統計、マーケティングデータなど、入手可能なすべてのデータを活用して、複数の部門にまたがる重大な意思決定を推進することができます。

  • ビジネスリーダーは、詳細な予測分析により、マルチチャネルネットワーク全体にわたる戦略的な商品化の意思決定を自信を持って行えます。
  • 商品化担当マネジャーとアナリストは、必要な特定のデータセットを数分ですばやくまとめることが可能になります。
  • ITリーダーは、データの繰り返し作業を自動化し、新しいデータや分析に対する要求のバックログを減らすことができます。