オフィスを歩いている人のぼやけた画像

研究開発費の計算

研究開発費の正確な計算と税額控除の把握を実現

オフィスを歩いている人のぼやけた画像
研究開発に関する取引は、税額控除の対象となります。しかし、すべての取引データを手作業で収集、確認、調整しなければならない場合、多くの労力と時間を費やす必要があります。
badge icon

効率性の向上

複数のソースから大量のデータを分析、整理、操作
Checkmark Icon

トップラインの成長

研究開発費に適用可能な税法を把握
lightning bolt icon

ボトムラインの収益性の向上

スプレッドシートから自動分析への移行により、取引データの収集に費やす時間を減らし、データ分析により多くの時間を割くことが可能に

ビジネス上の課題

控除額を正確に算出するためには、従業員の階層、賃金、税率、研究開発に割り当てられた時間や資材など、研究開発活動に関するあらゆるデータを収集する必要があります。社内システムから手作業で該当データを特定し、収集するには多くの手間を要します。特に機密データの処理においては、多大な時間を費やさなければなりません。 中には、エンドユーザー開発型アプリケーション(EUDA)を活用して計算を行う税理士もいますが、そのようなケースにおいても調整や費用配分は手作業で行われています。



Alteryx のソリューション

アナリティクスで研究開発費の計算を自動化し、全取引の迅速な確認と、税控除額の最大化を実現します。 人事データ、経費、税率、国別のデータなど、あらゆるソースを簡単に分析し、従業員や部門の階層に従って調整を行い、複雑な計算を実行することが可能となります。

研究開発費の税計算の自動化により、以下のような多様なメリットを得られるようになります。

  • 効率性の向上、時間の節約、ROI の改善
  • 適格研究費(QRE)の定義や把握方法における一貫性の向上
  • 節約した資金をより価値の高いプロジェクトに再投資
  • 研究開発費の税計算プロセスの可視化と正確性の向上

財務部門向けスターターキット・デモ動画

関連リソース

view of buildings looking up towards the sky

財務部門向けスターターキット

分析を変革

データに潜むインサイトを引き出しませんか?