ユニバーサルブログ
INPUT by Alteryx Blog

COVID からコカ・コーラまで:流通モデルの分析

ユニバーサルブログ

COVID-19 ワクチンの流通に伴い、現在実施されているワクチンの流通戦略の成功の可能性について多くの議論がなされています。

ワクチンの流通プロセスにおける複雑さとその規模の大きさは計り知れないものがあります。流通や保管における要件から、効果的な投与方法、接種対象者の追跡や接種率の向上に至るまで、多くの不確実性に対処しなければなりません。

各国政府がこうした課題に対処するためにサプライチェーン戦略の再定義に取り組んでいますが、今回は他のグローバルな商業レベルのサプライチェーンモデルを考察し、ワクチンの流通における代替ソリューションとしての実行可能性を評価してみましょう。

例えば、コカ・コーラ社は、世界中で毎日 19 億本もの飲料を販売しており、地域レベルのマイクロフルフィルメントモデルの活用によって、最寄りのコカ・コーラの自動販売機に至るまでのさまざまなロケーションに飲料を配送しています。 しかし、同社はこれを単独で行っているわけではなく、数多くのボトラーや流通業者と連携し、グローバルに飲料を生産・販売しています。 つまり、世界中の250社以上のボトラーとフランチャイズ契約を結ぶことによって、現地での飲料の生産や補充を委託しているのです。

その仕組みを詳しく見てみましょう。 コカ・コーラブランドとグローバルマーケティングのオーナーであるコカ・コーラ社は、飲料の原液を各ボトラーに販売します。一方、ボトラーはコカ・コーラ社と緊密に連携しながら、サプライヤーや食料品店、レストラン、コンビニエンスストアなどを対象に、地域密着型の戦略を展開します。 コカ・コーラ社はグローバル企業ですが、販売される製品は各市場においてローカルレベルで製造されているため、最終消費者に製品を届けるために長距離を移動する必要がありません。

スピード、粒度、透明性の向上


透明性のある管理されたフランチャイズ

コカ・コーラ社は、飲料の製造、瓶詰め、流通、補充をボトラーのフランチャイズに委託するとともに、さまざまなデータサービスを通じて、下流工程を管理し、プロセスを共有・自動化することによって、グローバルなオペレーションネットワークを構築しています。 冷蔵輸送やコカ・コーラ社の「フリースタイル」マシンに代表される専用自販機での飲料提供には、原料を所有する現地のフランチャイズ業者のサポートが不可欠となります。

一方、COVID-19 ワクチンは超低温での保存が必要であり、現在のコールドチェーン (低温流通システム) でのワクチンの適温管理が大きな課題となっています。そして、ワクチンの有効性を失わないために、最終目的地においてワクチンの使用直前に解凍を行う必要があります。 同様に、コカ・コーラ社では、消費者の好みに合わせてフレーバーやドリンクをミックスするマシンの導入によって (つまり炭酸の配合をぎりぎりまで遅らせることによって) 、できたての炭酸飲料の提供を実現しています。

コードフリーの ERP IA と ML に分析を活用

多くのフランチャイズ業者が、独自のERPシステムやサードパーティのソフトウェアを使用していますが、それらは基本的に自己完結型のインフラとなっています。 クラウドを利用している場合もあれば、そうでない場合もあり、データの共有や透明性の維持がますます困難を極めています。 そして、ワクチンの配布におけるグローバルな流通ネットワークにも同様のことが言えます。Alteryx のようなアナリティック・プロセス・オートメーション(APA)プラットフォームは、このような状況において、データの一元的な保管を実現し、データ共有における負担を軽減します。

また、データの整理、ブレンド、クリーニング、準備の完了後にこれまでのプロセスを自動化し、その結果を他のサイロ化されたソフトウェアのプロセスと共有してルーチンを自動化することができます。 製薬会社では、規制遵守だけでなく、品質も監視する必要があるため、この点は非常に重要です。

結局のところ、製薬会社は、ワクチンが安全に製造・流通されていることをきちんと証明しなければなりません。また、このような危機は国家の安全保障にも関わるため、スパイや妨害行為にも細心の注意を払う必要があります。 さらに、ワクチンが市場に出回るまでの時間を踏まえながら、さまざまなシステムを統合するための時間も考慮しなければなりません。 あるいは、医療機関のデータ交換システムの構築においては、データの容易な統合と自動化を可能にするアナリティック・プロセス・オートメーション (APA) プラットフォームを利用することが、最善かつ最も効率的なソリューションとなるでしょう。

供給補充のリアルタイムモニタリングとプロトエンジニアリング

一般的なサプライチェーンの最適化ソフトウェアでは、ここで述べた複雑なエコシステムをリアルタイムで最適化することは困難です。 既存のシステムから外部データを取り込み、データサイエンスを利用してシステムを最適化しようとしても、コストと時間がかかるばかりです。

アナリティック・プロセス・オートメーション(APA) プラットフォームは、サプライチェーンのリアルタイムのモニタリングとデータに基づくシミュレーションによって、ワクチンのサプライヤーや物流業者の継続的なプロセス改善を促すと同時に、自動化による大幅なプロセスの改善と迅速化を実現します。

オペレーショナルエクセレンスへの鍵

コカ・コーラ社のようなマイクロフルフィルメントを利用するサプライチェーンモデルにおいて、アウトソーシングは欠くことのできないものです。アウトソーシングやフランチャイズを含めたプロセス全体を把握し、価値ある洞察を得ることで、オペレーショナルエクセレンス (現場の業務遂行力の最適化) を達成し、安全基準を満たすとともに、国益を守ることが可能となります。

こちらの関連記事もぜひお読みください。

コカ・コーラ社が Alteryx を使用して、複数のソースのデータを結合・準備・分析し、 企業全体でインサイトを活用する方法を ご紹介します。

著者:
mellym_1
Mel Erbes
Alteryx、INPUT 編集者
矢印
ブログ
5 分で読む

分析の知られざる側面

『フリーコノミクス』の著者、スティーヴン・ダブナー氏が語る

アナリスト
アナリティクスリーダー
ビジネスリーダー
今すぐ読む
オレンジ色の模様
ブログ
5 分で読む

分析の成熟度の 5 段階

分析の成熟度の 5 つのステージと、自社の現状を把握する方法をご紹介します。

ビジネスリーダー
アナリティクスリーダー
Alteryx Platform
今すぐ読む
紙幣
ブログ
5 分で読む

SoFi Bank 社が収支予測を合理化

収支予測の効率化にお悩みではありませんか?SoFi Bank 社の成功事例をご覧ください。

財務
アナリティクスリーダー
ビジネスリーダー
今すぐ読む