製品ガイド

ExcelユーザーのためのAlteryxガイド

Excel でデータを操作するのは簡単ですが、特に複数のデータソースやデータ形式を扱う場合は大変で時間がかかる作業になることがあります。データは行と列に収まる必要があり、サイズの制限もあります。また、複数のスプレッドシートからデータを結合するには複雑な数式が必要で、エラーが起きやすい結果を招きます。 さらに、データが変更されるたびに、データの準備とブレンディング処理における各ステップを最初から繰り返す必要があります。

Alteryx は、ワークフローベースの環境という異なるアプローチを採用しているため、非構造化データを含む複数のデータソースとデータ型を持つデータを準備、ブレンド、分析することが可能になります。また、データの操作方法を正確に文書化した反復可能なワークフローの構築に時間を費やすため、データを変更する場合にはワークフローを再実行するだけで済みます。その結果、データの分析にかかる時間が短縮されてエラーも削減され、一貫性が高まります。

Alteryx は、多くのアナリストが Excel で実行しようとする最も一般的なデータ関連のタスクをリストアップしました。それらのタスクの横には、Alteryxで実行する方法が示されています。これらの例は、Excel ユーザーが Excel の知識を Alteryx のツールとワークフローの環境に適用する方法を理解していただくためのものです。

Alteryx が Excel ユーザーにとってどのように役立つかについての詳細をご希望の方は、ホワイトペーパーセルフサービスデータ分析の有効化: Alteryx でExcel プロセスを改善する 5 つの方法をダウンロードしてください。次に、Alteryx の無料トライアルをダウンロードしてください。

入力

ファイルを開く

Excelの場合
Alteryxの場合

Excel プログラムを開くには、[ファイル] をクリックし、次に [開く] をクリックします。 

Alteryx for Exel でファイルを開く

ファイルが保存されているフォルダを探し、クリックして開きます。 

Alteryx for Exel でファイルを開く 2

  DBファイル入力
Alteryx のデータにアクセスするには、データ入力ツールをキャンバスにドラッグアンドドロップし、データベースを探して選択します。

次に、設定セクションのドロップダウンから [ファイルまたはデータベースを接続する] をクリックします。 

Alteryxでファイルを開く

次にファイルが置かれている場所を見つけます。 
Alteryxでファイルを開く 2

 

種類や構造が異なるファイルを開く

Excelの場合
Alteryxの場合

Excel は、ローカルファイルから限られた量の構造化されたデータを開くことができます。 
 

Excelで異なるファイルを開く

ファイルの種類、ソース、構造は、Web やテキスト、および広範な他のデータソースからデータにアクセスすることで拡張できます。 

Excelで異なるファイルを開く 2

DBファイル入力
   Alteryx は、ユーザーに複数のデータソースおよびデータ構造への広範なアクセスを提供します。ユーザーは入力ツールを使用して、Excel、Access、XML、SAS、SPSS、MapInfo、さらにはデータベースや HDFS に格納されたデータからローカルでアクセスできます。 

Alteryxで異なる種類のファイルを開く

さらに、Alteryx にはデータに直接アクセスするためのコネクタもあり、Amazon S3、Twitter、Foursquare、Marketo、Salesforce、Microsoft Sharepoint などのクラウドシステムや Amazon Redshift、Impala、Spark などのビッグデータ環境に格納されたデータにアクセスすることができます。

 

複数のファイルをフォルダーから入力する

Excelの場合
Alteryxの場合

Excel では、1 つのフォルダーに同じ種類のファイル(.CSVなど)が複数ある場合、一度に 1 つずつ選択する必要があります。そうすると、各ファイルが別々のワークシートで開くことになります。 

Excel CSV

 

DBファイル入力
  Alteryx でこれを行うには、入力ツールをキャンバスにドラッグし、フォルダーを見つけてワイルドカード (*) を挿入します。この場合、2 つの .CSV ファイルを取り込みます。

入力ツールを使用して、探しているディレクトリとファイルを見つけます。この場合、POS_Data です。

Alteryx CSV入力

その後、POS_Data ファイルを取り込むと、設定セクションに移動し、(_*.csv) を追加してディレクトリパスを編集します。これにより、すべての .CSV ファイルが同じディレクトリに取り込まれ、それらが同じテーブル構造と形式である限り結合されます。

Alteryx CSV入力 2

 

 

 

クリーン

列の名前を変更する

Excelの場合
Alteryxの場合

Excel では列の名前の変更が、すばやく簡単に行われます。列のセルをクリックして名前を変更するだけです。

Excelで列の名前を変更する

Alteryx セレクトツール  Alteryx でも簡単にできます。セレクトツールを使って、フィールドの名前を希望通りに変更することができます。

Alteryxで列の名前を変更する

 

データ型を変更

Excelの場合
Alteryxの場合

Excel で数字を文字列として扱う場合は、数字の前にアポストロフィ (') を付けるか、セルと列またはそのどちらかを選択し、[セルの書式設定] メニューに移動して通貨、日付などといった情報の種類を設定できます。 

Excelでデータ型を変更する

Alteryx セレクトツール  Alteryx では、セレクトツールを使って、データ型を必要な形式に変更することができます。 
 

Alteryxでデータ型を変更する

オートフィールドツール  セレクトツールの他に、オートフィールドツールも使えます。その名前が示すように、このツールはデータを解釈し、コンテンツに適したタイプとサイズを割り当てることができます。これは、テキスト文字列を含むフィールドに特に便利です。

日時フィールド  もう少し複雑な変換もいくつかあります。セレクトツールでは希望の日付形式を理解できない可能性があるため、日付は扱いにくい場合があります。この問題を解消するため、固有の現在日時ツールがあります。

 

列の削除

Excelの場合
Alteryxの場合

計算フィールドで使用されている列を削除するには、元の値を削除する前にまず値をコピーして貼り付ける必要があります。そうしないと数式が壊れてしまいます。
 

Excelで列を削除する

 

Alteryx セレクトツール  Alteryx では簡単に行えます。セレクトツールを使用して、必要のない項目または非表示にしたい項目の横にあるボックスのチェックを外すと、数式に影響を与えずにワークフローから削除されます。

Alteryxで列を削除する

 

行の削除

Excelの場合
Alteryxの場合

Excel では手動で選択するか、クイックフィルターを使用して不要なものを見つける必要があります。

Excelで行を削除する

 

フィルターツール  条件を一覧にできる場合は、フィルターツールを使用できます。複雑な場合は、数式を使用して IF 式を作成するか、SWITCH () 関数を使用できます。 

Alteryxで行を削除する

 

新しい列を作成する

Excelの場合
Alteryxの場合

Excel で新しいフィールドを作成する最も一般的な方法は、新しい列を挿入して列に名前を付け、必要に応じて数式を書き込むことです。

Excelで新しい列を作成する

 

フォーミュラツール  Alteryx では、テーブルに列を挿入するのではなく、フォーミュラツールを使用してワークフローに新しい出力フィールドを追加するだけで済みます。新しいフィールド(この場合 Value Targets)に入力するだけで、すべての行で新しいフィールドが計算されます。

Alteryxで新しい列を作成する

ヒント 1: 姓と名を一緒に連結する必要がある場合は、+ 記号付きの数式を使用します。他のほとんどのテキストベースの数式は、Left () または Right () のような同じ名前と構文を使用します。Alteryx のマニュアル(F1 を押す)は、上記以外のものを識別するのに役立ちます。

列分割  ヒント 2: フィールドを通常の書式(たとえば、コンマ区切りのアドレスフィールドを分割する場合など)で分割している場合は、列分割ツールを使用します。

 

 

数式/計算

IF式

Excelの場合
Alteryxの場合

誰もが Excel で IF 文を使用します。これは、プラットフォームで最も一般的な意思決定機能の 1 つです。スコアを高、中、低のいずれかに分類する新しい Sales Potential 列を作成するには、Excel で次の IF 文を使用します:

=IF(V2>2500, "High", IF(V2>1499, "Medium", "Low"))

ExcelでIF文を作成する

フォーミュラツール   フォーミュラツールは、データと数式の強力なプロセッサです。これを使用して、入力テーブルにフィールドを追加したり、式やデータの関係に基づいて新しいデータフィールドを作成したり、同じ前提に基づいて既存のフィールドを更新したりすることができます。Alteryx で同じ IF 文を作成するには、Sales Potential という新しい出力フィールドを作成し、Total Sales フィールドを使用して次の式を入力するだけです:

IF [Total Sales] > 2500 THEN "High" ELSEIF [Total Sales] > 1499 && [Total Sales] < 2501 THEN "Medium" ELSE "Low" ENDIF 

AlteryxでIF文を作成する

 

オートSUM

Excelの場合
Alteryxの場合

Excel でオート SUM を作成するには、関連するフィールドと行を選択してから、オート SUM の記号をクリックする必要があります。または、=SUM 式を書くこともできます。

ExcelでオートSUMを作成する

集計ツール  集計ツールを使うと、グループ化、集計、カウント、空間オブジェクト処理、文字列連結など、多数の集計処理を実行できます。この例では、集計ツールを使用して顧客別に取引を分類し、取引を合計して顧客の総経費を確認しています。

AlteryxでオートSUMを作成する

 

 

行の累積合計を計算する

Excelの場合
Alteryxの場合

Excel で行の累積合計を出すには、新しい列を作成してから累積範囲を設定する必要があります。この場合、開始点は =S2 で、2 行目に =S2 + R3 を追加します。これを設定すると、残りの関連情報の数式をコピーすることができます。

Excelで累積合計を出す

複数行ツール  複数行フォーミュラツールは、フォーミュラツールの概念をさらに進化させ、ユーザーが数式作成の一環として行データを利用できるようにしました。このツールは、複雑なデータを解析し、累計、平均、パーセンテージ、その他の数学的演算を作成するのに便利です。この場合、新しいフィールドを作成し、次に式を作成します。

Alteryxで複数行の演算を行う

 

合計のパーセンテージを計算する

Excelの場合
Alteryxの場合

Excel の合計に基づいて各フィールドのパーセンテージを計算するには、まずデータの表を作成し、そのデータに基づいてピボットテーブルを作成する必要があります。もう 1 つの方法は、SUMIF() 文を作成してそれぞれの月と金額のパーセンテージを計算することです。以下にピボットテーブルの例を示します。 
 

Excelでパーセンテージを計算する

Excelでパーセンテージを計算する 2

Alteryxの複数フィールドツール 複数フィールドフォーミュラツールを使用すると、複数のフィールドで 1 つの関数を簡単に実行できます。この例では、各月のパーセンテージを表示するデータの新しい列とフィールドを作成します。 

Alteryxでパーセンテージを計算する 1

Alteryxでパーセンテージを計算する 2

 

 

変換

フィルター

Excelの場合
Alteryxの場合

Excel でフィルターを実行するのは簡単です。フィルタリングするワークシートまたは列を選択し、フィルタードロップダウンを選択するだけです。
 

Excelでフィルタリングを実行する

フィルターツール  Alteryx のフィルターツールを使用すると、データを 2 つのストリーム、つまり True(式を満たすデータ)または False(式を満たさないデータ)に分割する基本的なフィルターを実行できます。

Alteryxでフィルタリングを実行する

 

ソート

Excelの場合
Alteryxの場合

Excel で複数の列を並べ替えるのは簡単です。ワークシートを強調表示し、ソートまたはカスタムソートを実行するだけです。
 

Excelで並べ替えを行う

ソートツール  Alteryx のソートツールを使用すると、必要に応じて簡単にデータを整理できるようになります。列の名前を選択し、昇順または降順のどちらかを選択するだけです。

Alteryxで並べ替えを行う

 

ピボットデータ

Excelの場合
Alteryxの場合

Excel でデータをピボットする(データの転置やクロスタブの作成など)には、通常は必要な形式でデータを取得するためにピボットテーブルを作成する必要があります。

Excelでデータをピボットする

転置ツール  転置ツールを使用すると、データテーブルの向きをピボットすることができます。これで横方向のデータフィールドを縦軸上に表示できるようにデータを変換します。このツールは、非適合データの抽出に役立ちます。転置できるレコードまたはフィールドの量に制限はありません。 

Alteryxで転置を行う

Alteryxのクロスタブツール   クロスタブツールは、データテーブルの向きをピボットします。これを使って縦方向のデータフィールドが横軸上に表示されるようにデータを変換し、指定された場所でデータを集計します。 

Alteryxのクロスタブ

 

 

フィールドの並べ替えを行う

Excelの場合
Alteryxの場合

Excel で列またはフィールドを並べ替えるには、列を強調表示してから Shift キーを使用して、必要な範囲に列をドラッグアンドドロップする必要があります。 

Excelでフィールドの並べ替えを行う

 

Alteryx セレクトツール  Alteryx で列を並べ替えるためには、セレクトツールを使うことができます。またはフォーミュラツールでも列を並べ替えることができます。

Alteryxで並べ替えを行う

 

結合

データの追加

Excelの場合
Alteryxの場合

Excel では、2 つのテーブルの列が全く同じで、同じ順序であることを確認する必要があります。確認後、2 番目のテーブルの内容全体をコピーし、最初のテーブルで最初の空の行に貼り付けます。

Excelで行を追加する

Alteryxのユニオンツール  Alteryx では簡単にできます。ユニオンツールを使用すると、各列の位置を維持しながら、フィールド名に基づいて複数のワークシートを組み合わせることができます。各ワークシートの列ヘッダーの順序を簡単に変更して一致させることができます。

Alteryxで行を追加する

 

データをブレンドする: VLOOKUPS

Excelの場合
Alteryxの場合

Excel では、複数のワークシートを結合するために、VLOOKUP 関数または INDEX MATCH 関数を使用して、異なるソースまたはテーブルのデータセットに情報を取り込むことができます。INDEX MATCH 関数は、参照値が一番左の列になく VLOOKUP 関数が使用できない場合に、VLOOKUP 関数の代わりに使用されます。 

ExcelでVLOOKUPを使用する

Alteryxの結合ツール  固有の行を持つために複数の一致が必要な場合は、結合を使用するとよいでしょう。2 つのデータセットを入力し、結合ツールを使用して結合することができます。 互換性のあるデータソースに接続する場合は、入力ツールで結合することもできます。 

結合ツールを使用すると、共通のフィールド(主キー)を持つ2つのテーブルを結合して、以下を作成します。
 

  • 内部結合 (J) : 照合を満たしており結合しようとするテーブル (R) の値がある、ソーステーブル (L) の右側の新しい列
  • 左結合 (L) : 結合しようとするテーブル (R) に一致するものが見つからない、元のテーブル (L) のレコード
  • 右結合 (R) : ソーステーブル (L) に一致するものが見つからない、結合しようとするテーブル (R) のレコード

Alteryxで結合を行う

 

Alteryxの結合ツールを使いこなす  データベース内のデータを操作する場合は、結合 In-DB ツールを利用することもできます。Alteryx の In-DB 結合ツールを使用すると、データベースからデータを移動することなく大規模なデータセットに対してブレンディングと分析を行うことができ、従来の分析方法よりも大幅にパフォーマンスが向上します。 

結合 In-DB ツールを使用すると、内部結合、左結合、右結合、さらには完全外部結合を行うことができます。 
 

  • 内部結合 (J) : 照合を満たしており結合しようとするテーブル (R) の値があるソーステーブル (L) の右側に新しい列を作成します。
  • 左結合 (L) : 結合しようとするテーブル (R) に一致するものが見つからない、元のテーブル (L) のレコードを作成
  • 右結合 (R) : ソーステーブル (L) に一致するものが見つからない、結合しようとするテーブル (R) のレコードを作成
  • 完全外部結合: (L) および (R) のテーブル両方に含まれるすべてのレコードを作成


Alteryx のインデータベースツールの詳細については、こちらをご覧ください。

 

 

集計

行のグループ化と集計

Excelの場合
Alteryxの場合

Excel でデータを集計する場合は、ピボットテーブルを作成します。

Excelで集計を行う

集計ツール   Alteryx の集計ツールは、Excel のピボットテーブルのように機能します。データをグループ化し、集計、カウント、または他のフィールドで別の計算を実行することができます。

Alteryxで集計を行う

 

まだ Alteryx をダウンロードされていない場合は、無料トライアルをお試しください 

Alteryx のその他の機能について、Alteryx ユーザーから詳細情報やヘルプが必要な場合は、Alteryx コミュニティ にアクセスしてください。

Alteryx のパートナーである Information Lab 社にご協力いただき、心より感謝いたします。Information Lab 社の詳細はこちら。