継続的な監査プロセスの実現

反復的な作業を自動化して、納期やコンプライアンスのプレッシャーから解放されませんか?

テクノロジー   |   Alteryx   |   2022年5月24日

昨今、多くの企業が継続的監査(CA)を活用しており、その割合は 50% に上るとも言われています。 CA を取り入れたシステムでは、最新のテクノロジーによって、監査プロセスを自動化し、 事後にデータの一部にサンプリングして分析するのではなく、リアルタイムでモニタリングや分析を行うことができます。 これにより、内部監査人が、内部統制、情報システム、業務プロセス、取引などに関するデータを継続的に収集することが可能となっています。

 

従来の監査には次のような問題点がありました。

  1. 過去の特定の時点のビジネスのスナップショットを提供するに過ぎないため、長期間にわたって問題が見落とされてしまう恐れがある。
  2. 一部の取引やデータしか分析しないため、重要な問題が見落とされる危険性がある。
  3. 大部分の工程が手作業で行われるため、多くの時間や人的リソースを必要とする。
  4. 数週間、時には数か月もの時間を要する。

対して、継続的監査では、以下のようなメリットを得ることができます。

  1. 継続的かつリアルタイムでの実行が可能。
  2. サンプルデータだけではなく、全取引を分析。
  3. 自動化により、作業の負荷が大幅に軽減。
  4. 企業データの受け取りに、数週間、数か月待つ必要がなくなる。

Alteryx では継続的な監査のユースケースをサポートしており、多くのお客様と連携して CA システムを構築しています。 Alteryx を使えば、サイロ化しがちな財務システムのデータに迅速かつ容易に接続できるため、 数百万件にも及ぶ取引をくまなく検証し、あらゆるリスクに対処できます。 また、経営層からの要請など、必要に応じていつでも監査を実施することも可能です。 さらに、セルフサービスのダッシュボードを備えており、プロセスのあらゆる工程をエンドツーエンドで自動化できるため、もうデータサイエンスチームに頼る必要はありません。

 

Gartner が推奨する、継続的監査の導入に向けた手順は以下の通りです。

  1. 優先する領域を設定
  2. 監査の規則を特定
  3. 処理の頻度を決定
  4. パラメーターを設定し、実行
  5. 結果を管理し、フォローアップ
  6. 結果を報告
  7. 新たなリスクを評価し、追加で登録

効果的な継続的監査プログラムを実現するためには、これらの手順に従い、Alteryx を活用されることをおすすめします。

 

継続的監査やその他監査のユースケースについて解説した電子書籍も、ぜひご一読ください。

 

タグ