青の背景に形状

Thomson Reuters レポート:2022 年版企業税務部門の現状

デジタル経済の急増する需要に対処するために、税務部門でのテクノロジーの習得・活用が急務となっています。

青の背景に形状

Thomson Reuters の最新レポート「2022 年版企業税務部門の現状」では、税務部門において、テクノロジーと従業員のニーズのバランスを取り、業務をより良く効率化するためのヒントを解説しています。

本レポートでは、テクノロジーを通じて成果や効率性を高めたいと考えている税務部門と、より少ないリソースでより多くの業務をこなすことを求められる税務チームとの間に生じている不可避な緊張関係を特に詳しく掘り下げています。

このような緊張が世界中の税務部門にどのような影響を及ぼしているかを把握するために、Thomson Reuters では、数十か国の数百人の税務スペシャリストを対象に、規制変更に対する企業の対策と、戦略的開発におけるテクノロジーの導入状況や役割についてアンケートを行いました。

その結果、73% の税務担当者が「今後 2 年以内に政府の税務要件が変更されると予想している」と回答しているのに対し、57% は「税制改革による新たな要件に対応するために必要なリソースが不足している」と回答していることがわかりました。本レポートでは、今日の税務上の課題を明らかにしたうえで、こうした問題に対処し、より効率的な税務を実現するためのベストプラクティスをご紹介していますので、ぜひご一読ください。

今すぐレポートを入手